品川区びわ灸 がん治療 温熱療法

びわの葉灸って自宅でできる?

だれにでも手軽に行う事が出来ます

ツボを温灸していきますが、特別な知識や経験は必要ありません。
最初は、体の痛いところ、気になるところに当てるだけで大丈夫です。
徐々に慣れてきたら、基本のツボがありますのでそれを参考に行う事で全身の血流を良くし
内臓の働きを活発にしていきます。

 

痕もつかず、やけどになりません。安全です。

びわの葉灸は、少し熱いくらいの心地よい温かさで気持ちよく感じます。
気持ちがいいという事は、体の中で生理的によいことがおこっている、よい方向にむかっているということです。
極端に熱かったり、痛かったりする場合はお灸を当てすぎている場合がありますので時間を短くして
行う事で気持ち良い熱さを感じることが出来ます。

 

慢性的な症状・痛みに対しては、毎日続けることが大切なので
気持ちよく続けられるということが、とても重要なポイントです。

 

どんな症状でも安心して行え、副作用のない自然療法です。

自覚症状がないのに、病気になる前の状態「半健康」状態を東洋医学では
「未病」と言います。ストレスの多い現代社会では、この「未病」状態にある人がとても多くいらっしゃいます。
びわの葉灸は、血液を浄化して血流をよくする働きがあります。
血液の浄化は、健康の基本ですから症状が無い方でも積極的に行う事をお勧めします。

 

他の療法と併用しても問題がなく行えます。

マッサージ・鍼・矯正などを同時に行う場合には相乗効果により、
より良い結果が期待できます副作用もありません。(症状による)

 

まれにめまい・のぼせ・頭痛・体がだるい等の症状が出る事がありますが、
これは体がよい状態に改善していくうえででる好転反応です。
数時間・数日で治まりますのでご安心ください。

 

びわの葉エキスは、飲んでも付けても効果が高い

皮膚病やかぶれ、切り傷、虫刺され、にきび、肌荒れ、
打撲、捻挫、腰痛、肩こり、鞭打ちなどには直接散布し、
口内炎、歯槽膿漏、喉の痛み、風邪には、うがいで使ったり、薄めて飲みます。
水虫にも効果的です。

 

びわ灸してはいけない箇所

 

  • 眼球
  • 捻挫など患部に熱をもっているところ(びわ湿布があります)
  • リウマチ患部
  • 妊婦の腹部、腰部、足の三陰交
  • 小児の頭頂部
  • 急性炎症の患部
  • 皮膚病の患部
  • 陰部

病気、身体の不調の原因の90%が悪玉活性酸素と言われています!


皆さんの体の中にも悪玉活性酸素ができています!


水素の驚異的な威力は、


悪玉活性酸素と結合し無害な水になる事です。



水素の威力確認


はなまるマーケットで


アンビリーバボーで


水素の威力を詳しくご確認ください↓


品川区びわ灸,がん治療,肩こり,腰痛,婦人科疾患,更年期障害